悪化すると失明にまでなってしまう緑内障の対策方法

>オススメ情報>緑内障の症状を知って対策方法を考えよう

緑内障の症状を知って対策方法を考えよう

目

緑内障と呼ばれる病気とはなにか

日本人が失明する理由の一位にも選ばれるのが、緑内障と呼ばれる目の病気になります。初期症状では少し目がぼやけるかなという感じのため、気付ける人は少ないとされています。しかし、そのままにしていると視野が狭まっていき、日常生活に支障が出るほど見えなくなってしまいます。最悪の場合は、視力を完全に失ってしまうことにも繋がります。

緑内障予防に効果的な食材

女性

アワビ

アワビは漢方にも使われる食材です。そのため、様々な有効成分が含まれています。この有効成分の中には、肝機能を戻す役割を果たす効果があります。肝臓は目の視神経と深い関わりを持っているとされているため、目の疾患にも効果的です。

真珠

真珠は古い時代から薬として使われていました。真珠の中に含まれる効果は、様々な治療に有効的ですが、目の疾患にもとても効果的な薬になります。中国では「目を明らかにする」効果があるといわれ、目の充血や痛みを和らげることができます。

菊花

健康茶としても有名な菊花ですが、中国では昔から漢方として使用されていました。また、菊花には緑内障などの目の病気やその病気からくる頭痛などのトラブル、眼精疲労にも効果的な効能を持っていることから、目薬の材料にも使われていました。

エビスグサ

日本では漢方としてではなく健康食品として知られるエビスグサですが、中医学では「眼病治療薬」として古くから薬として使われています。肝臓に働きかける成分を含んでいるエビスグサは緑内障だけでなく、白内障、夜盲症など様々な目の病気に効果的です。

枸杞子

枸杞子の中に含まれているカロテノイドやルテインなどの成分は、緑内障などの治療に効果的な成分といわれています。また、枸杞子に含まれる効能の中には、副交感神経を刺激してくれる作用もあるため、血流の改善や血圧を下げることもできるといわれています。

広告募集中